最近のトラックバック

フォト

« タイガースの強み!! | トップページ | 夏本番! »

2008年6月12日 (木)

『ガイシ妻』??

「天気予報が当たった!!」

週間予報で晴れマークが付いていたのは、6/10(火)だけでした。

最近の天気予報の信頼度を考えると、前日深夜の「晴れの予報」さえ疑念は払拭できず、バックにはしっかりとレインジャケットを詰め込んでの就寝となりました。

「天気予報が当たらないのは、天気予報は国民の命と財産を守るのが使命であるから、警戒を呼びかけるため少し脚色して伝えることが多く、伝える側と受ける側の情報にギャップが生じることが理由だ」などと言っている気象予報士がいるようですが・・・。

それは、「情報」とは何か!「国家資格」とはなにか!まったく理解していないんじゃないの!
国民を守るのが使命であるからこそ、「正確な情報の伝達」と「優れた分析に基づいた予報」が必要であることが解らないのかねぇ!!
そんな気象予報士より「下駄」のほうがまだましだぞ~!!

・・・・・などと、最近の天気予報、いやテレビで堂々と話す気象予報士?・・・アナウンサー??・・・なんだか解らない人たちにひとこと言いたいと思っているうちに眠りについてしまいました。

そんなこともすっかり忘れ、窓からさす朝陽に誘われて目を覚さますと、今日のゴルフを最高の晴天が迎えてくれました。
Photo                             

                               

                            

                             

                             

                            

                              

                                 

                                

                             

                          

                              

                                                                               

今、日本のゴルフ場は「経営破綻」という節目を過ぎて、多くのコースが『外資』に買い取られ、今までの「会員倶楽部」から脱却し大きく変化をしています。

言い換えれば、会員権中心の投資型の倶楽部から、本当にゴルフを楽しむプレー中心型のスポーツクラブに変革したということではないでしょうか。

古き時代のステータス型の倶楽部ライフを主張するゴルファーには、パブリック化が進み倶楽部価値が低下するなどと嫌悪感を表す人もいますが、経営が『外資』に移ったことにより、コースメンテナンスや従業員教育も一段とよくなり、食堂やトイレといった付帯設備もきれいに整備され、さらに、低料金でプレーができるなどプレーヤーにとっては良くなったコースがほとんどのような気がします。
中には、グリーンの速さが表示されていて、プロ気分を味わうことができるコースもあります。

もともと、外国から来たゴルフ!
いつまでも、日本型社交倶楽部が通用するわけがありません。
『外資』のマネージメントやオペレーションシステムといったものがゴルフ場運営の正道なのでしょうね!!

◇◇◇◇  ◇◇◇◇  ◇◇◇◇

『ガイシ妻』になれる人、なれない人。

最近、『ガイシ妻』というもの、いや地位??・・・を求めて、女子学生やOL、CAの間では、外資系ビジネスマンとの合コンがさかんに行われているとのことです。

しかし、合コンに参加したからといって目標を達成できるかというと、そうでもなく、もともと『ガイシ妻』になるためには、3つの最低条件が必要とのことで、3条件の揃っていない人は合コンに参加してもただの員数あわせということになるそうです^^

つまり、「外資=高級取り」の妻となれるのはどんな人か?

その3条件とは・・・!

☆☆☆ 『清楚・バリキャリ・足が細い』 ☆☆☆

「元バリバリのキャリアウーマンであるのに、清楚な日本的美人で、とにかく足が細い」
これが、実際に『ガイシ妻』となっている女性たちの姿とのことです。
外資系男性にとっては、大根足の女性を連れ歩くことは絶対にNGなんだそうです!

また、仕事第一主義の外資系ビジネスマンにとって、バリキャリは自分の仕事に対する理解度も高く、突然リストラに遭う外資系にいても、代わって稼いでくれるだけのキャリアを持っているという安心感が「リスクをヘッジしてくれる」という強みになるとのことです。

どうも、外資系ビジネスマンにとっては結婚も投資の対象のようで、人生を豊かに成功させるためには、『妻』も「その投資に値するかどうか」が一番のポイントになっているようです(^。 ^)

◆リキと風の間を碍げるものは何一つありません!   Cimg0395

                               

                      

                   

                   

                        

                         

                                                    
『ガイシ』というと、ボクが頭に浮かぶのは・・・『碍子(ガイシ)』です!!

ボクの子供のころは、一般の家庭でも電線をつなぐ器具としてたくさん見ることができました。家庭配電用碍子というそうですが、現在のブレーカーのような碍子もあり、その中のヒューズが切断してしまい停電してしまうということがたびたびありました。

今は、送電線と鉄塔を結ぶ陶器製の白いやつといったほうが解りやすいですね^^
送電線用碍子とか特別高圧用碍子とかいうそうです。

『碍子』とは、ご存知のとおり、電気を通さないようにするためのものですね。

昔は、碍子も陶器製ということを生かしローゼットやコンセントという形でいろいろな模様をつけられきれいに作り上げられていました。
けれど、その役目は、電線とその支柱の間を『絶縁』するものです。

『清楚・バリキャリ・細い足』のガイシ妻の条件は、どんなきれいな理屈をつけても夫婦を結びつける絆・・・なんだと思います。

ただただ、『ガイシ妻』が『碍子妻』と変わり果てて、『絶縁物』にならないよう祈るばかりです^^

◇◇◇◇  ◇◇◇◇  ◇◇◇◇

「天気予報が、また、はずれました!」

烈しかった雨も昼過ぎにはあがり曇り空となるでしょう・・・といった予報も、今、まだ雨が降っています。

◆雨の日の散歩は大変です・・・!
Cimg0435

                        

                             

                        

               

         

 

                     

◆雨の日はつまんな~い(^・^)
Cimg0427

                               

                                

                                  

                                 

                               

                  

                                               

予報通り、いや、予定通りに行かないのが世の中ですね^^

むしろ、予定通りに行かないからこそ人生は楽しいんですけど(^ー^)

« タイガースの強み!! | トップページ | 夏本番! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147041/21566212

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガイシ妻』??:

« タイガースの強み!! | トップページ | 夏本番! »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ