最近のトラックバック

フォト

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月26日 (金)

自由放任主義!?

『放任主義』・・・・・というと、子育ての一つの方法を表す言葉ですね。
干渉しすぎず、甘やかせず、それでいて子供のSOSには敏感に反応して適切なアドバイスをする・・・といったとても難しい子育ての方法だと思います。
◆ボクは、本当に自由なのかなぁ~?
Cimg0374
                          
                          
                             
                             
                         

                             
                             
                   
                        
                                                   
1月24日、安倍首相の『美しい国、日本』の実現を目指し、「教育再生会議」より公教育再生への第一歩として7つの提言が報告されました。                           

その一番初めに《ゆとり教育の見直し》が掲げられてます。
過去の「詰め込み教育」や「偏差値教育」の反省から考え出され、あせらずにゆっくりと自由に、各個人の多種多様な能力を伸ばそうと始められた「ゆとり教育」は、今や、学力低下や公立学校離れの原因とされ、公教育の意義をゆるがす由々しき問題とされ、すっかり悪者になってしまいました。

確かに、ゆとり教育が始められ、さらに学校5日制がスタートしてからの基礎学力の低下を顕著に示すデータも多いようですし、小学生から私学に通う子供も増加しているようです。
ゆとり教育の見直しに賛成する国民は90%に達しているといわれています。
ゆとり教育が本格的に進められてから10年、それが間違った政策であるとするならば早急に改めることは正しいことでしょうが、その10年に教育を受けた人たちの思いはどんなものなのでしょうか・・・?
◆この橋を渡れば~~もっと自由があるのかな?
Cimg0366                                
                              
                              
                             
                              
                               
                           
                                
                             
                               
                               
日本は、経済政策でも、小泉政権の誕生とともに「不良債権処理」を皮切りに「聖域なき構造改革」がスタートし、《自由放任主義(なすに任せよ)》政策が進められています。                               
                             
この自由放任主義とは、その意味の示すとおり、「経済政策において国(政府)が企業や個人の経済活動に干渉せず、市場の働きに任せるべきである」という考え方であり、『新自由主義』とも呼ばれ、チョッと前までのケインズ主義と呼ばれる主要産業の国有化や公共事業による景気の調整など「国(官僚)」に支えられた自由主義(リベラリズム)とは区別されています。

小泉政権の取組みにより、過去に類のない長期な経済成長をもたらしているといわれ、現在の安倍政権でも、この新自由主義路線が踏襲されていますが、ご存知のとおり、「勝ち組・負け組」や「経済格差」、「生活保護者の増加」、「非正規社員の増加」、「ワーキングプアマン」など陰の部分が見えはじめてきました。
◆じっと、ガマンしていれば自由がくるのかな?
Cimg0381                                 
                                  
                                   
                                   
                             
                             
                             
                              
                            
                               
                              
この新自由主義に異論を唱える学者や政治家も多く、イギリスでは労働党のブレア政権の誕生とともに《第三の道》と呼ばれる「新しい社会民主主義」を目指す政策へ転換されました。

この政策は、市場原理を重視しながらも、一方で、国(政府)の補完により公正を維持し弱者を救済しようというもので、日本では民主党が提言しています。
その民主党は先の総選挙で小泉首相の掲げる郵政民営化に大敗してしまいましたが・・・!
◆いや!自由は自分でつかみとるものなのか?
Cimg0370
                                
                             
                             
                              
                              
                               
                                   
                               
                             
                              
教育と経済政策を同一レベルで論じるのは危険かもしれませんが、ボクは、《ゆとり教育》も《新自由主義》も個人の「権利と義務」や「自由と責任」というものを成熟させるには、すばらしいアイデアであると思います。
今日まで、真の自由を求めて続けている人々は、「学力低下」も「経済格差」も国や官僚のせいではなく、自分の責任であることを承知しているはずです。

ボクは愛国心や父母愛、兄弟愛を声高々に唱える教育改革や国や政府にある程度下駄を預ける第三の道に進むことには危惧を感ぜずにはいられません。

今、まさに、ボク達は、多少の格差はあるが自由で豊かな活力ある社会を目指すのか。多少の束縛はあるが、誰もが皆、ある程度の生活ができる社会を目指すのか・・・・・。
選択を迫られているときであると思います。
教育のことを基本にもう一度よく考えてみようと思います。
Cimg0391

                             
                       
                             
                                 
                             
                        
                           
                           
                          
 

                      
◆この学校の先には、自由と幸せが待っているんだよね!!                                               
 

2007年1月18日 (木)

金のなる木

今年もまた咲きました あなたに似てる春女苑(ハルジョオン)

この歌は、20年ほど前に大原麗子が漫才師に扮したTVドラマの主題歌として、さだまさしが作った曲です。
夫婦漫才の相方(夫)を亡くし、一度は芸の道をあきらめるが息子を漫才師にして親子漫才を目指す主人公の傍らにそっと咲く『春女苑』-別名・春紫苑(ハルジオン)-を亡くなった夫にたとえ、いつも傍らで見守ってくれる・・・・・といった内容だったと思います。

今日は、春女苑の話は置いといて・・・・・。
今年もまた咲きました。我が家の金のなる木に花!!』
Cimg0360                           
                           
                            
                           
                         
                             
                         
                         
                          

                                                        

15年程前に戴いたもので、3、4年前から毎年、花を付けるようになりました。
昨年、大きくなりすぎたので、植替えをして数鉢に分けたので、今年、花が咲くかどうか心配していたのですが・・・『今年もまた咲きました♪』・・・ホッとしてます(^^)
                                                      
《金のなる木に花が咲く・・・こいつぁ~春から縁起がいいわい!!》
Cimg0353                               
                              
                               
                            
                              
                                 
                                
                            
                             
 
                                                              
《リキちゃん!大判小判がザックザック・・・・♪となりますかねぇ?》                                                         

『金のなる木』の学名はクラッスラ・ポルトゥラワウといい和名では「花月」とか「黄金花月」というそうですが、ほとんど使われていないようです。

「金のなる木」の名前は、若葉の頃に5円玉や50円玉を付けておくと、成長したときに硬貨が取れなくなり、たくさん付けておくと木にお金がなっているように見えることからつけられたされているようですが・・・・・??

その由来は古く、江戸時代の天保の頃には、『かねのなる木之図』というものが印刷され、神社に奉納されたり、人々に配られていたようです。

その『かねのなる木之図』は「しようち木(正直)」と縦文字が書かれた根幹に「じひ(慈悲)ぶか木」とか「かせ(稼)木」、「しんぼうづよ木」、「あさお木」、「ゆだん(油断)な木」、「いさぎよ木」などと書かれた枝が伸び、その周りに小判に似た『花月』の葉が描かれているものだそうです。
飢饉などが続いた当時、人々の暮らしを少しでもよくするための願いが描かれていたようです。

また、中国では後漢時代、当時の通貨をモチーフにした『揺銭樹(ヨウセンジュ)』という装飾物がさかんに作られ、やはり「金のなる木」とよばれていたそうです。

今の日本では、『格差社会』や『ワーキングプアマン』などという言葉が盛んに使われ、お金に対する思いや執着が強くなり、ますます不安で不透明な時代となっていきますね。
はてさて、こんな時代をわれわれは、どうやって乗り越えれば良いのか・・・・?
昔も今も、人々の『お金』に対する悩みは尽きることなく・・・・その解決法は、その人その人の心の中にあるんでしょうね・・・・・・。

Cimg0356                             
                         
                                  
                               
                             
                              
                           
                        
                            
                             
                        
《ボクにはお金なんて無用さ!温かい家庭があるからね!!》   

                
 
とはいえ・・・お金がなければ・・・・・(^^)

というわけで、
『お金のたまる人の条件』です。
1.感謝の生活をする人
2.収入以下で生活する人
3.夫婦仲のよい人(家庭円満の人)
4.金や物を大事にする人
5.健康に心がける人
6.独立自尊心の強い人
7.仕事を趣味とする人
8.一事につらぬく人
9.常に節約する人
10.儲けを当てにしない人
・・・・だって!ご参考に!!
ちなみに、ボクは、×が1個、2個・・・5個・・・・道理でお金がたまらないわけですね・・・・納得!納得!  

2007年1月16日 (火)

『仕事始め』は1月16日・・・!?

1月も半ばが過ぎ、お屠蘇気分もすっかり抜けて普段と変わらぬ生活が始まっている頃だと思います。

「日本の歳時記」を紐解くと、《お正月》は、1月1日~1月15日までとあり、その間を『松の内』と呼びます。その松の内は、1日の「元旦」に始まり、「初詣」、「書初め」、「初荷」、「出初式」、「七草」、「鏡開き」そして15日の《小正月》とイベントが続きます。

『松の内』とは新年に際して「歳神様」を迎え入れるための道しるべとして門ごとに松飾りをつけておく期間をいうことから、本来は《小正月》の15日まで松飾りをつけておくべきだそうです。
ちなみに、神様が座る場所が「鏡餅」で、鏡開きも昔は20日に行われたそうです。

《我が家の門の松飾りです》                                                      
Photo_4 

                              
                           
                         
                           
                                    
                                      
                              
                       
                             

《小正月》とは、正月(1月)の満月の日(旧暦1月15日)を指し、元日を《大正月》と呼ぶのに対してこのように呼ぶのだそうです。
古来、民間では満月の日を月初とする習慣があり、1月15日が本来の年の初めであるとされたことから、今日でも、その名残が強く、いろいろな行事や、しきたりが一年中でもっとも多い日となっているそうです。

ボクの故郷の神社では、この1月15日に『春渡祭』と書いて『おたりや』と読む神事が行われます。
一般の祭りの神輿と違い、白装束の神主姿の人が担ぐ神輿が街を巡行し、社殿では「田楽舞」が奉納されます。そして、最大のイベントが、ボク達が子供の頃に「どんどん焼き」と呼んでいた『お焚き上げ』が行われ、そこで、お正月の松飾りを焼き、手をかざし、健康や家内安全、火災防止をお祈りします。

ボクの父は職人だったので、実家では、このような、しきたりや伝統は必ず守られており、松飾りも松の内の間、15日まで必ずつけてありました。
そして、松の内のイベントも必ず行なっていました。
特に「出初式」での、父の「梯子のぼり」の姿を今でもはっきりと思い出します。

そして、必ず言われたことが・・・「松の内は神様とともに過ごす時、何事も松の内を過ぎてから始めなさい。特に旅行などで家を空けてはいけないよ」
                                                   
Cimg0350                                       
                               
                             
                             
                           
                  

                                 
                           
                          
                             
                             
《リキは、まだ寝正月(^・^)・・・散歩の時間になっても起きてきません》   

そんなことから、ボクの精神的な『仕事始め』は1月16日になっているようで、先週まではなかなかギアが上がらず仕事にも身が入らなかったのですが、手帳のスケジュールも埋まってくると、やっと今年も頑張ろうという気がしてきました。

2007年1月 5日 (金)

初詣(@^▽^@)

今年も例年通り、初詣は《西新井大師》と《穴八幡宮》です。
結婚以来25年、一度も欠かさずズ~ット同じところに行ってます(^^

《西新井大師》は、ご存知『弘法大師・空海』が自ら彫った十一面観音をご本尊様とした厄除けで有名なお寺です。『川崎大師』、『佐野大師』とあわせて《関東の三大師》などとよばれています。

西新井大師・総持寺は東京都足立区西新井にあり、西新井の地名も弘法大師が枯れ井戸から新しい清水を湧き出させ、流行り病を平癒させたことから付いたそうです。
Cimg0235                             

                              

                              

                             

                               

                           

                        

今年は「家内安全」「厄除」「方位災難除」「交通安全車用」の護摩を焚いてもらいました。
お札をいただき、大書院の接待所で「お屠蘇」と「さくら湯」そして「お菓子」の接待を受けました。
Cimg0240 Photo_2                           

                       

                         

                           

                         

                       

                        
                                                                                     
西新井大師は、人、人、人で、ものすご~く込み合うのでリキはお留守番です(^×^)


◆そして、もう一箇所は東京都新宿区早稲田大学のスグ近くにある《穴八幡宮》です。Cimg0261

                          

                          

                        

                         

                         

                       
 
                                                       
この《穴八幡神社》で有名なのは、何といっても『一陽来復』の御守です。
この御守は東京ではかなり有名で、毎日の金銀融通が良くなるとされています。
                                                   
また、この御守の授与期間は冬至から節分までの期間限定であり、かつ、おまつりする方法も決められており周到な準備が必要です。
Cimg0256_1                             
                        

                           

                        

                        

                                                                           

                                                   
この『一陽来復』の御守は、家の中におまつりする「本体」と財布などに入れておく「懐中」とがあります。 


この「本体」をおまつりする方法が決められています。
1.おまつりするのは、冬至・大晦日・節分のいずれかの日の夜中の12時かっきり。
2.その年の恵方の反対側の高いとこに恵方に向けて貼る。
3.一度貼ったら一年間決して剥がさない。
※おまつりをきちんと実行するためには、方位磁石・正確な時計・しっかりとした両面テープなどの準備が必要です。

☆☆☆我が家は今年も準備万端!!節分の日におまつりします(^^)   

ここは、そんなに混んでいないのでリキもお参りしてきました(^・^)
Photo_3

                        
                        

                           

                          

                           

                                   
 
                                                                                          

皆さ~ん!節分まで、まだ日にちがありますよ!!

《一陽来復》とは「ようやくよいことがめぐってくる」という意味だそうですけど(^^ 

2007年1月 4日 (木)

賀正(*`▽´*)

あけましておめでとうございます(^^)

今年も宜しくお願いいたします。
年末年始、こんなボクでも仕事柄何かと忙しくて更新がなかなかできませんでした。
ボクの会社はサービス業なので、年末年始は稼ぎ時!お正月三が日も会社は無休、交替で出勤でした(^×^)毎年のことなので、もう慣れっこですけど(^^)

今日は《ブログ始め》!!
今年こそ、「完璧なブロガー!!」をめざして・・・なんてことは全く思わず、自分のペースでゆったりと、更なる「いい・かげん!」を追求していきたいと思います^^

元旦・・・・・やっぱりスタートはリキとの散歩です。
《我が家からの初日の出です》
Cimg0199Cimg0192                                
                             
                                

                                  

                               
いつもと変わらない朝陽も何故か今日は心を引締めてくれます!!
Cimg0209                                                   
                         
                             
                            
                        
                             
                           

                            
                           
                           
                                
今年は、初日の出は拝むことができましたが、チョッと雲が多く富士山は肉眼で薄っすらと見えるだけで、カメラでは撮れませんでした。

《リキもおNEWのお洋服を着て記念撮影です》
Cimg0212_1                                
                                 
                             
                                
                                
                               
                            
                              
                               
                              
                             
リキには「今日から新しい年が始まるんだぞ!」って言って聞かせましたが・・・・・わかっているのかどうか・・・・・行くところは《いつもの公園のMYベンチ》です(^・^)
Cimg0216                                 
                             
                             
                           
                         
                             
                          
                           
                             
                          
        
2007年(平成19年)も始まりました。リキも今年5月で8歳になります。
どうぞ、宜しくお願いします・・・ワンワンワン!!

そして『戌年』から、干支の締めくくりの年『亥年』になりました。
《というわけで、イノシシ年のリキMaMaより、ごあいさつ申し上げます》
Photo_1                            
                             
                             
                             
                             
                        
                             
                        
                         
                            
    
「リキPaPa、リキ、私と遊ぶこと以外な~んにも考えていない、おバカな家族ですけど。今年も一年、この長~くのびたお餅のように、ねばっこく、おつきあいください。よろしくね(^^」 

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ