最近のトラックバック

フォト

« リキの散歩道1(ワン) | トップページ | 緑陰の風 »

2006年9月 4日 (月)

エスカレーター

いつごろからだろうか?スッ~と自然にエスカレーターに乗るようになったのは・・・イヤイヤ!最初の一歩が恐くてなかなか乗れなかったということではなくて、階段を使わなくなったということなんだけれど。

思い起こすとチョット前までは、仕事の時は必ず階段を使っていた。フットワークの良さこそ働く男のステータスとでも思っていたのか。エスカレーターは休日にデパートで乗るぐらいだったと思う。それが、今は、何も考えず、躊躇なく、エスカレーターを選択するようになった。何故なんだろうと考えてみた。歳のせい?それもある。いや、あらゆるところに、エスカレーターやエレベーターができた。駅、会社、公官庁、ホール、ホテル・・・・行く先々すべてに『動く道』が造られている。バリアフリーの推進や女性にやさしい社会をつくるためなのか?・・・そう!階段がなくなってきたのである。そう考えると、ボクがエスカレーターを選択するようになったのは、歳のせいではなく、社会現象だったのである。納得である。

エスカレーターというと、「エスカレーター式進学」とか「百貨店」、「動く歩道」という言葉がボクの頭に浮かぶ。子どものころ、家が金持ちなら有名私立中学へ入れれば大学までエスカレーター式で楽なんだけどと自分の頭の中身もかえりみず思ったものだ。百貨店では、エスカレーターのベルトに両手をついて体操選手の平行棒のマネゴトなんかをしていた。学生の頃、確かではないが日本で始めてという「動く歩道」が池袋サンシャインにでき行った覚えがある。その時「なぁ~んだ!エスカレーターを平らにしただけじゃないか!」と思った記憶がある。

今日の午後、ある駅でエスカレーターに乗っていたらボクの2人前の段に年老いたご夫婦?らしき二人が乗っていた。その後ろの段の右側でキャリアウーマン?らしき女性が怪訝そうに前の二人を見ている。たぶん、「じゃまだな!歩く人のために右側はあけておくもんですよ」とでも言いたいのだろうなと思ってみていた。

当の老夫婦?二人は、そんなキャリアウーマン?の思いをよそに、男性が左手で女性の手をにぎり、右肩にショルダーバック、右手はエスカレーターのベルトをしっかり握り締め、これから行く旅行先のことでも考えているのだろうか?ゆったりとした雰囲気で!エスカレーターを楽しんでいる?ように見えた。

いつも思っていた。昨今ではエスカレーターの片側は歩く人のためにあけておくのが常識?となりつつあること。ホントにそうなのだろうか。今まで、いろいろな論議はされたと思うが、もう一度、考えてみようと思った。

日本エレベータ協会では歩行を禁止しているとのこと。そういえば、アナウンスで「お子様の手をひいて中央部分にお乗りください」って言っている。余談だが、「エスカレーター」が正しいのか?「エスカレータ」がただしいのか?・・・・外来語的にはエスカレーターであるが、JIS規格ではエスカレータと決められているとのこと。エレベーターも同じである。いやはや!!なんとも・・・・頭のいい人の決めることは???

また、関西地区では「左空け」が常識で、関東を中心とした地域では「右空け」である・・・・などと、はなから、エスカレーターは歩行者のためにどちらかを空けるべきだという考えで、その地域性を研究している人もいるようだ。現に、関西では「走るのは大変危険です。歩かれる方のために左側をおあけ下さい」と書いてあるそうだ。

エスカレーターの歴史は100年を超えるそうである。百貨店などの商業施設を中心に普及し、歩かずに、ゆっくり、各フロアの様子を眺めながら、目的地へ運んでくれるというのが人気をよんだようである。

開発者の真意を知ることはできないが、ボクが思うに、単純に、「階段が動けば、まわりをゆっくり見渡しながら、楽して、上へ下へと行けるのに」 と思ったんじゃないかと思う。

せっかく、先人が「歩かないで、楽しなさい」って造ってくれたものを、現代人とやらは無視して自分の都合のいいように使ってしまっていいのだろうか?先人の知恵をさらに活かして時代にあった使い方をという考え方もあるだろうけれど。それは、先人が造ったものをじっくり味わってから、別に創造していくものではないだろうか。

ボクはこれからも、ゆっくりと、まわりを観察しながら、人とふれあいながら、エスカレーターに乗っていきたい。一分一秒に追われ、すれちがう人の表情も見ることもない、そんな『エスカレーター社会』では淋しすぎるから・・・・・。

« リキの散歩道1(ワン) | トップページ | 緑陰の風 »

コメント

コメントありがとうございます。
ほんとこうして住んでいても知らないことはたくさんです。歴史に興味がないわたしはなおさらですよ^^

エスカレーターにスムーズに乗れなくなったら年・・ってことになりそうです。
お年よりは乗れないひとが多いみたいです。

モモさん、こんばんは!!
ヤッパリ!なんだかんだ言っても歳ってことですかね?
ボク達も間違いなく順番で年寄りになりますね。
お年寄りや弱者にやさしい社会を作らなければ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147041/3316112

この記事へのトラックバック一覧です: エスカレーター:

» JIS規格のWEB調査とその保存方法 [技術系社員の「ぼやき」]
設計を進める上でJIS規格の調査が必要になる場合があります。 そんな時に便利なのが、「日本工業標準調査会」の「JISデータベース検索」です。 [続きを読む]

« リキの散歩道1(ワン) | トップページ | 緑陰の風 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ