最近のトラックバック

フォト

« リキの旅行日記~2006福島~#2 | トップページ | リキの旅行日記~2006福島~#4 »

2006年9月22日 (金)

リキの旅行日記~2006福島~#3

9/15旅行2日目の朝、さわやかな秋晴れの空に、磐梯山がきれいな姿を見せてくれました。一面のそば畑も朝陽をあびてきらきらと輝いていました。                          

Cimg0171

今日は最高の旅行日和^^・・・オーナーの手作りパンと採れたての野菜のサラダ、淹れたてのあったかいコーヒーの朝食をすませ、「ぱすたいむ」をあとに、猪苗代湖畔を目指します。                             

                                                                      

                                    Cimg0205_2

湖畔で最初に立ち寄ったのは、《野口英世記念館》です。

ご存知の通り、黄熱病の研究で知られ、病原体の特定に成功し野口ワクチンにより南米での黄熱病を収束させました。 

しかし、アフリカでは野口ワクチンの効果がないことがわかり、自らアフリカのガーナへ行き、再度、研究を始めましたが、自らも黄熱病にかかり、「私にはわからない」という言葉を口ずさみ、51年という短い生涯を終えたそうです。

Cimg0207

もう一つ、有名なことは、英世(清作)は大変貧しい家に育ち、さらに、幼い頃に囲炉裏で火傷を負い手が不自由になりながらも、苦学して細菌学者になったことですね!

この英世の生家は200年近くたった今でも当時の姿が保たれ、清作が火傷を負った《囲炉裏》や、母シカが使っていた《ち゛ばた》というはた織機や糸車、かまどや水桶などが当時のまま残されています。

                                                             

Cimg0212 Cimg0213

Cimg0214

                                                                                                         

                                                                               

Cimg0223 展示室には、母シカから英世にあてた現存する唯一の手紙がありました。息子に早く帰ってほしいと切々とうったえたものだそうです。

その他当時の写真をはじめ英世の服や靴、研究の歴史などいろいろと展示されています。  

                                                                                                                                                        

Cimg0226 Cimg0227

新千円札のモデルになった写真もありました。                                   

                               

                         

Cimg0229

Cimg0233

リキは中に入れてもらえないので、リキMaMaと交代で見ることにしました。      

入口で待っていたら、小学生の団体さんが来て、次から次とナデナデされました。何人ぐらいにナデナデされたかな!・・・30人ぐらいかな^^

野口英世記念館をあとにして、すぐ前の《世界のガラス館》に行ってみることにしました。

その前に!!・・・・《喜多方ラーメン》の文字が目に・・・・!!!だまって通り過ぎるわけにはいきません(^^ )チョッと小腹もすいてきたのでのれんをくぐりました。

Cimg0236_1

Cimg0237_1 リキMaMaは醤油ラーメン、ボクは、プラスおにぎり2個でした。             

リキは寂しそうに、おあずけです(;>_<;)                                

                                                               

Cimg0244

Cimg0243_2 世界のガラス館も入れないので、リキMaMaだけが入りました。・・・・・のはいいんだけれど、いつまでたっても出てきません。

待ちくたびれてしまいました( _ _)~~なんか両手にぶら下げて出てきましたけど・・・・。

                                                                             

Cimg0246や~っと!リキタイムです。湖水浴ができる《長浜》という浜辺で少し遊んで、遊覧船の発着する《翁島港》へ行ってみました。「はくちょう丸」と「かめ丸」という2隻の船が泊まっていました。

                                                                 

                                                                                                                                 

Cimg0247_1Cimg0251_1

風が大分強かったので、今日は運休かと思っていたら、「はくちょう丸」がゆれもせず、堂々と出て行きました。                            

                                                             

                                                         

Cimg0253

リキは防波堤に座り、湖からの涼やかな風にふかれ、もの思いにふけっております(^.^)                                                                                                             

                                                                                           

                                       

いよいよ、猪苗代湖をあとにして、2日目の宿泊先、福島県いわき市《湯本温泉郷》を目指します。                                                                           

Cimg0255

磐越自動車道を猪苗代磐梯高原ICから郡山方面に車を走らせ、途中、阿武隈高原SAで休憩をし、いわきJCTで常磐自動車道に乗り換え、約2時間で湯本ICです。

                                                      

磐越自動車道の郡山からいわきまでは1車線の対面通行なので、あまりゆっくりと走れません・・・しかも高低差がきつく慣れていないといやな感じがします。

Cimg0274

湯本ICから15分ぐらいで温泉街が見えてきました。         

そうなんです!湯本温泉郷は炭鉱の町・・・《常磐ハワイアンセンター》・・・・今は《スパリゾートハワイアンズ》のあるところなんです!!

                                           

Cimg0050

9/23封切りの映画《フラガール》の舞台となった町です。実話を基にして、常磐炭鉱の閉山の苦しみを乗り越え、北国に常夏の楽園「ハワイ」を誕生させるため、地元の女性達が目玉となるフラダンスショーに挑戦していく姿が描かれているそうです。

街中に《フラガール》のポスターが貼ってありました。《松雪泰子》さんは、フラダンスの先生役だそうです。

実は、リキMaMaは、この湯本が故郷なのです^^やっぱり高校の同級生がフラダンサーになって《常磐ハワイアンセンター》で踊っていたそうです(^◇^)

Cimg0057_1

Cimg0262

そんなわけで、リキMaMaの両親が眠っているお墓をお参りしました。リキMaMaの父親はやっぱり常磐炭鉱で経理の仕事をしていたんですよ^~^

リキはなんでお墓で寝てしまうの??・・・ジャリが気持ちいいだけさ!!

                                                      Cimg0268

やっと、今日の宿《スミレ館》につきました。《古滝屋》という老舗旅館がワンちゃん専用に始めた旅館です。

《源泉掛け流しの宿》・・・今日はゆっくり温泉につかってやすみましょう(*~▽~*)

« リキの旅行日記~2006福島~#2 | トップページ | リキの旅行日記~2006福島~#4 »

コメント

リキPaPaさんへ

リキ君も上手に お参り出来ましたね♪
ママさんのご両親の側に来て リキ君安心しちゃったのかな?

源泉掛け流し いいですねぇ~♪
大好きです★
松本に来て あっちこっち温泉に行きましたが 源泉掛け流しには惹かれます。
温泉の季節が 巡って来ました♪
紅葉を見ながら 雪を見ながら・・・。

リキPaPaさん、こんにちは~^^
福島は結構行きましたが、観光は殆どしていません。
福島って湖沢山ありますよね、猪苗代湖は何度か行きました。
それから五色沼や桧原湖、秋元湖・・も。
でもまだまだワンちゃんが入れるところは少ないんですね。
リキ君沢山ドライブしたんですね。
ワンちゃん専用旅館ということはワンちゃんの温泉ももちろんあるんでしょう?
さぞ気持ち良かったでしょうね(^-^)

リキPaPaさん こんばんは(^-^*)

澄んだ青空 見てる私も気分爽快!です。

野口英世はたったの51年間でしたか・・
記念館に行かなくても こちらでお勉強になりましたφ(.. )

きっと私もリキ君のようなワンちゃんがいたら間違いなくナデナデ攻撃してますわ♪
ママさんが ラーメン食べていても 
「ちょうだい」オーラも出さずに ちゃんと座って偉いですね(^-^*)
お墓の前でも 手を合わせて・・
リキママさんのご両親も びっくり(?)&
喜んでいるでしょうね(^-^*)

リキママさん 地元の血を受け継いでフラダンスお上手よ・・きっと♪

リキ君の防波堤での姿キマッテいるけど 可愛いですねぇ (*⌒-⌒*)

小夏ママさん、こんにちは^^
リキも旅の疲れもあったし、お墓が結構山の上で、登るのが大変だったみたいです。

松本の方も温泉!たくさんあるんでしょうね??源泉掛け流しはよかったですよ(^^ )たっぷりのお湯に24時間自由にはいれました(^^)

そうですね!紅葉、雪景色・・・露天風呂で雪見酒なんて~~最高です(*`▽´*)

よっし~☆さん、こんにちは^^
福島は、ご存知のとおり、会津地方、仲通、浜通と同じ県でも気候も文化も大分違いますね。会津地方は日本有数の豪雪地帯なのに浜通は東北の湘南なんていわれ雪はほとんど降らないそうです。他県との交流も会津は新潟、いわきは仙台だそうです。

そうなんですよね、五色沼、桧原湖・・・裏磐梯へ行くともっと楽しめるんですよね。これから紅葉の時期は最高ですよね(^^ )

はい!!チャンとこの旅館には、ワンちゃん専用の温泉がありました。リキはいやがって入りませんでしたけど(~O~)
ボクはとっても気持ちいいので何回も入りました(^^O)

かずみさん、こんにちは^^
ホント!おかげさまできれいに晴れました(^▽^)
ボクも驚いたんですが、野口英世は短い人生だったんですね・・・ボクもあと少しでその歳なのに・・・(-。-)

リキはホントに子供たちからかわいがられるんですよ。同じマンションの子供たちには毎朝、集合場所でナデナデ攻撃を受けています^^

そうなんです!!リキMaMaの前では!!!「ヨシッ!」の声がかかるまで、他の人からももらわないんですよ(≧▽≦)

お墓をお参りしていたら、地元の人が通りすがりに「あんれ、ワンコもお参りすんのけぇ!めんごいごど」って言われました。

リキMaMaはナチュラルハイですから、おだてればスグ踊りだしますよ(*~▽~*)

リキPaPaさんこんにちは
スミレ館の看板画像ありがとうございます。

その上の画像は見た瞬間ドキッとしましたが安心しました。

私の祖父と父親も炭砿で働いてました。
今から25年前までは炭住生活(生まれた時から温泉生活)で話題のフラガールの映画を見ては号泣してます。

また近く来ましたら是非お立ち寄り下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147041/3537986

この記事へのトラックバック一覧です: リキの旅行日記~2006福島~#3:

« リキの旅行日記~2006福島~#2 | トップページ | リキの旅行日記~2006福島~#4 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ